紫陽花便り

わたしの周りのいろいろ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違えました

先日書いた、どんぐりの問題、まがさんからのご指摘通り、間違ってました。

2Mでもないし、3Mでした。

そしてケーキ五個じゃなくて六個でした。

改めて、ちゃんと問題を載せます。

<3Mx91>
ケーキ6個と150円のプリン1個を買ったときの代金は、同じケーキ1個と80円のシュークリームを買ったときの代金の5倍になりました。このケーキ1個の値段はいくらでしょうか。



難しいねえ。

「代金の5倍」のところがすんなりわかれば、この問題はオッケーのような

気もします。

昨日また絵を描いて考えました。

左にケーキが6個、5倍だから右にケーキが5個。

そのケーキを両方5個消す。そうすると左にはケーキ1個とプリン150円が残る。

右にはシュークリームが5こ残る、1こ80円だから400円。

ケ + 150 = 400

ケ=400-150

でケーキ1個250円と答えが出る。

でも、子供って両方をこういう風に5個ずつ消しても「等号(同じ)であることは

変わらない」って、わかってるものなのだろうか?

これを自分の力だけでいつ身につけていくのだろう?

身に付いている子供ってどういうところから得たのだろう?

私は方程式を覚えて、xを使って式をたてて、いつのまにか、

両方に同じ数を足しても引いてもかけてもわっても、等号は変わらないって

いうことを当たり前のように身につけていったのだろうと思う。

それはある意味、実体験、経験からではなく、数学という世界の中で

これはこういうものだから、こうすれば答えが出る、っていう

だけの何も面白くもない机上での計算として覚えたものだろう、と思う。

そういう感覚が、概念が、実生活で、「ああ」、と子供達が自分で引き出す

ことができるなら、思うことができたなら素敵だなって思う。



スポンサーサイト

Comment

 

本当だね・・・
私も機械的に「こう言うもんだからこう覚えて」って言われて育った。
だから、人に教える時も納得しないまま「決まりだから」ってしか教えられなかった。
でも今は違う。それだけで楽しい。
気が付く時が、遅くても早くても関係ないよね。
探す事が楽しければ、その時はきっと来る。
こう言う問題に出会う事が「気が付く」って事のきっかけになる。
出会わなければ、機械的に覚えてしまえば、
気が付くチャンスすら無くなっちゃう。

上手く言えてないけど、そんな感じ。
  • posted by まがちん 
  • URL 
  • 2008.10/31 10:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

まがちゃん、

機械的になんでも覚えてしまう、こと、例えば九九にしても、それがもたらす弊害って大きいよねえ。九九忘れたときにかけ算できないって悲しいもんね。

こういう問題、解けなくても、楽しいままに終われば、きっとどこかで繋がって、気づくときがあるかな。

でも、学校で機械的に教えられちゃうのが一番いやだね。かけ算、割り算の意味がわかって計算を解いてる子供ってどれだけいるんだろう、、、って思うよ。

コメントありがとう!!
  • posted by あじさい 
  • URL 
  • 2008.10/31 14:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

profile

あじさい

Author:あじさい
音楽とビールが相変わらずスキです。どうぞ宜しく。

recent entry

tree-Comment

右サイドメニュー

link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。