紫陽花便り

わたしの周りのいろいろ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「育てにくい子にはわけがある?感覚統合が教えてくれたもの

2007年11月10日

図書館で借りてきた一冊の本。「育てにくい子にはわけがある?感覚統合が教えてくれたもの 」



夜読んでいたら、ここ!と思うものに行き当たったと思いました。。まさに私の欲しかった情報にやっと巡り会えたという感じ。



視機能検査の時にも言われた感覚統合の問題。

この本によると、感覚統合とは、



「脳に流れ込んでくるさまざまな感覚情報を『交通整理する』脳のはたらき」



私達の脳に入ってくるさまざまな情報。これを脳で「自分に必要な情報」には青信号を点して情報を繋いでいく。しかし不必要な情報には赤信号を出しシャットアウトする。この感覚情報の「取捨選択」が大事だと。



娘に聴力の問題がないことがはっきりして思ったのはここです。何でもちゃんと聴こえるのに、全部聴こえてくる情報を整理できない。外で救急車の音が聴こえたり、集中しているところに他の人の話声が聞こえただけですぐそちらの音に集中を削がれたりする。ここだけでも彼女の脳の交通整理ができていないんだな、と思います。



感覚というのは良く言われる視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五つ。これは意識しやすい自覚できる感覚。その他に無意識に使っている感覚があります。



1. 触覚

2. 固有覚

3. 平衡感覚



の三つがあり、全て少しずつ娘に足りないのですが、なかでも3の平衡感覚が思い当たる節が多々あるのです。



姿勢の悪さ(姿勢調節の回路)、小さいとき身体をぐるぐるまわしても眼が回らない(眼球運動の回路)



そうしてこういった感覚がうまく整理されていないと、「外界からの刺激に対しての身構え反応をつくり出しやすい脳」となり、「感覚防衛反応」が起こる、というのです。



初めて会う人,初めて行く場所、初めて入る部屋、初めて使う物などに強い拒否やおびえ、恐怖を感じやすくなります。



娘がいろいろ何でもいやだ、というのは単なる性格、などではなく感覚統合がうまく働いていないから、という視点で考えると合点がいくのです。



それからもう一つ、左右の脳が役割分担をきちんとする(これをラテラリティというそう)状態には平衡感覚が大きく関わってくる、とのこと。



例えば、右手で持った箸は「左脳」からの命令によって操作され、「左手」で茶碗を持っているときには「右脳」がその指示をだしています。右と左の脳は別々の命令を出しながらシンクロさせて働かせています。こういう状態をラテラリティが発達した、というそうです。



娘は右が利き手です。鉛筆も箸も右手で持ちます。でも!よく思い出すと右手で食べてはいるのですが、左手が出てきません。お茶碗を持って、と何度も言ってきました。お皿を押さえるということもあまりしません!!右手で書いていても左手で紙を押さえるということもあまりしないように思います。こういった場合、なんと左右脳の役割分担ができていないということなのです!!全てあてはまります。やっぱり平衡感覚が欠如している、ということになります。



そして何と、私が長年欲しかった答えがここに、、、



抜粋*****

■「ラテラリティ」の発達と「言語中枢」のはたらき

さらに話はややこしくなりますが、そういう子供たちのなかには、理解力は非常に高いのに発語がたどたどしいとか、いろいろしゃべるのに聴き取りの能力が低いといった「ことばの発達のつまづき」が出てきやすくなります。くりかえしますが、知能は正常なのに、「筋緊張が弱い」「姿勢が崩れやすい」「目が回りにくい」「自己刺激的に動き回る」といった「平衡感覚」のトラブルがセットになっている子どもたちです。



 そんなこども達に、ブランコなどで思いっきり揺らしてあげる、グルグル回るあそびをふんだんにさせてあげる、といった活動を半年ほど続けているだけで、あっという間にことばのトラブルが解消していくことがあります。

***********終わり



左右の脳には感覚、運動を司る中枢があり、左右はクロスしているものの、各々の脳に「中枢」が形作られていくのです。でも、言語中枢だけは左脳だけにしか形成されないというのがわかっています。という事は!左右の脳の役割分担ができていない、シンクロさせて働かせることが難しい娘のばあい、左だけにある言語中枢への回路がスムーズではない、どこかで繋がりがうまくいっていない、という事なのかもしれません!!



私はこの文章を昨日夜読んだ時、「これだ!」と叫びました。今まで何故娘が理解力がそれほど悪くないにもかかわらず発語が悪いのか、ここに答えを見つけ出せたように思います。



来週、専門家の先生に診てもらう事にもなっているのでもしかしたら違う説明があるかもしれません。でも、今まで何とも不可解だった娘の事がまた少し分かったような気がして今はちょっと興奮気味です。



もう後は感覚統合しかありません。とりあえず家でも実践できそうなブレインジムを是非取り入れてみよう、と思っているところです。




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

profile

あじさい

Author:あじさい
音楽とビールが相変わらずスキです。どうぞ宜しく。

recent entry

tree-Comment

右サイドメニュー

link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。