紫陽花便り

わたしの周りのいろいろ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長澤知之 インストアライブ in NAGOYA

昨日のインストアライブ、名古屋の近鉄パッセ店であったのだけど、

すごい場所なんですよ。


エスカレーターの横。

見る場所の幅は人が五、六人しか立てない。

すごく近い。

なのに、全然見えない。

なかなか想像しずらいと思いますが、とにかく行ってびっくり。

な場所です。

こんなライブはなかなかないだろう。

顔がちょろっと見えて、あとは全く見えず。ギターも、手も、足も。

あんなに近くなのにこれほどまでに見えないって…



長澤くんは二時丁度くらいに出て来て、機械をいろいろいじっていて、

なかなか始まらず。

何回も「ごめんね、ちょっと待ってて」と言ってました。

私は番号が後ろの方だったんですが、番号順に並んだらもう全然前は

見えませんでした。ほんのちょっとのスキマでちょろっと

顔が見えるぐらい。

背が低いっていうのはソンだわね。ふん。


で、待った後で歌ったのが「茜ヶ空」

この歌、盛り上がるんだよね。

西へ西へ西へ~~~~~ってとこ、力入ってたなあ~。
ぞくぞくっときました。


CDで聴いたときはそれほどじゃなかったのに、このライブで聴いて

急上昇なのが、「捨て猫とカラス」

「飛べる」という自由の代わりに

呪われちまった


ってところ、重くて深くてじ~んと来てしまった。


「P.S. S.O.S」

は、Youtubeで丁度聴いてたとこで、耳に残ってたから、

びっくりした。

しかしインストアライブいろんなところでやってたけど曲をそれぞれ

変えてるんだよね。残念ながら「植木鉢」は聴けなかった。

今日午前はどうしてたんだいダーリンダーリン

を生で聴きたい。よし、秋のライブデ!


「スリーフィンガー」

長澤くんも結構盛り上がってたように思う。

カナシいことに見えないからよくわからないんだけど。

飛び跳ねてたような気がした。いや、このウタじゃなかったかな。

ライブで聴いて更におお~~って思う曲。捨て猫もね。

古臭いレコードの溝に あの頃の僕がいる



年齢層もごちゃごちゃで、若い人から私みたいな主婦まで、男性もちらほら。

私は隣にたっていた若い女性と話し、整理番号が一つ前の学生さんと

話し、(彼女はスガシカオファンだと判明)とても楽しかった。

10代、20代の若者とは普段全く接点がないので、不思議な気持ち。

音楽は国境も年齢も越えるのね、なんてことを思ったりして

ライブにますますはまりそうな秋です。











スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

profile

あじさい

Author:あじさい
音楽とビールが相変わらずスキです。どうぞ宜しく。

recent entry

tree-Comment

右サイドメニュー

link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。