紫陽花便り

わたしの周りのいろいろ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近気になるのは

吉本隆明です。

こういう雑誌が出たり、ほぼ日刊イトイ新聞で

糸井重里が取り上げているから露出が増えている、よしもとばななのお父さん。

難しいことを書いている人、という認識でしかなかったんだけど、

ひきこもれ を読んでから、へえ~っと思って一年。 


ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ (だいわ文庫)ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ (だいわ文庫)
(2006/12/10)
吉本 隆明

商品詳細を見る


ほぼ日の影響もありますが、共同幻想論を買ってみました。


共同幻想論 (角川文庫ソフィア)共同幻想論 (角川文庫ソフィア)
(1982/01)
吉本 隆明

商品詳細を見る


う~~ン。

序、からわからない。難しい言葉に溢れています。

でも、わからなくても読み進んでみると、ああ!!と思う

文章に出会ったりもします。

で、その雑誌。BRUTUS。

BRUTUS ( ブルータス ) 2010年 2/15号 [雑誌]BRUTUS ( ブルータス ) 2010年 2/15号 [雑誌]
(2010/02/01)
不明

商品詳細を見る


わかりやすくしたい、というのはわかるんだけど、

吉本隆明はわからない、っていうのでいいような気もする。


ひきこもれ、の中で、一人の時間を持つ事の重要さ、が書かれているのだけど

それは子どもでも大人でも一緒で、友だちはいる方が楽しいんだけど、

つるんでばかりいると、自分のペースを崩していくから疲れるでしょ。

器用だとそのペースの崩され具合というのがよくわからなくて、

誰にも合わせられるというのは要注意だと思うのです。

長女が疲れ気味なのをみて、ぴ~んときました。

それはずっと友だちと遊んでいるから。

小さいころはそれぞれが自分のペースで遊んだりするでしょう。

でも、大きくなって来ると、なんか空気みたいのに合わせたり、

意としない事でもやったりガマンしたり、しないといけなくなる。

いや、しなくていいんだけど、そうすると、つるむこと自体が難しく

なるんだと思うな。あの子変わってる、と思われたり、ね。

今だとジャニーズ嵐が好きなのが大前提、みたいな。ハナシが逸れた。

長女のことだった。

毎日学校で忙しく放課後で友だちと遊ぶことがあっても、

土日に一人で、または家族だけで過ごす事で

リセットされていくことも、土日まで友だちが一緒だと

そして月火、と放課後ずっとまた遊んでいると、その疲れが如実に表われてくるの

がわかります。

ひきこもる、って言葉自体がマイナスに傾いて語られることが多いけど

私は日常的に、定期的にひきこもることを推奨します。


スポンサーサイト

Comment

一人ひきこもるということ 

こんにちは。

恥ずかしながら、吉本隆明さんのこと知りませんでした。
なんだかとっても興味があります。

私はいつも一人ですww

別にひきこもっているわけではないのですが、こちらには
知り合いが一人もいないので、必然的にこうなります。

問題だな・・・って、ずーっと思ってました。

確かに「つるむ」必要がないので、そういった疲れは全くありませんが、
さみしいですよ。

でも、きっと、吉本氏によれば、
これもイイ事なんですね♪

是非この本にチャレンジしてみたいです。
ムリかな・・・
  • posted by サラギーナ 
  • URL 
  • 2010.02/10 13:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

ひきこもる 

つるむことも大切かもしれないけど、
一日に短時間でも、また長期的には一時期でも、
一人になる時間を作ることは大切だと思います。

自分を見つめるためにも、また自分を解放するためにも。
私も昔一週間禅寺に籠もった後、つくづくそう思いました。

世間が引きこもりをマイナスに捉えようがそんなことは関係ないし、
一人になれないような人間ほど一人をマイナスに語るものでしょう。

そのように思います。

  • posted by uroko 
  • URL 
  • 2010.02/10 16:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

サラギーナさん 

コメントありがとうございます。

是非、吉本隆明、の世界に足を踏み込んでみてください。

私は海外にいるときに、狭い日本人社会と付き合い、

子供の学校のインターナショナルな社会とも付き合い、

毎日付き合いばかりだったんです。四年間。だからその疲れが

ど~~っと来て、一年はずっとひきこもりでした。

そしてそろそろ人とも関わっていきたいな、と思い、学校の役員、

子供会の役員をいっしょくたに引き受けてはみたものの、

やはりひとりな毎日です。何か壁を作ってるのかな…?

ま、それはおいといて。サラギーナさんのブログ、とても素敵で

眺めているだけで楽しいです。
  • posted by あじさい 
  • URL 
  • 2010.02/11 07:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

urokoさん 

uroko先生、コメントありがとうございます。

かなりびっくりしてパソコン前でおおっ~!と叫びました。

一人で自分と対峙することで発見すること、気付く事、

たくさんありますよね。前にもお話しましたが、一人暮らしを

していないこと、かなり私にとって大きなことだなあ、と今更ながら

感じています。

>自分を見つめるためにも、また自分を解放するためにも。

自分で意識して、時間にとらわれず過ごすことで、結果的に自分を見つ

め、そして解放する、というところに到達できそうな気がしています。以

前だったら、自分を解放する、という言葉を聞いてもピンとこなかったと

思うのです。でも、今は少しだけわかります。自分を解放してあげられて

いるようなそういうこころもちがしているからです。

>一人になれないような人間ほど一人をマイナスに語るものでしょう。

一人になれないひとが多いような気がします。私の中では島国論になってしまうのですが、日本という特殊な国土を持った国民性につながっているように思うのです。
  • posted by あじさい 
  • URL 
  • 2010.02/11 08:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

profile

あじさい

Author:あじさい
音楽とビールが相変わらずスキです。どうぞ宜しく。

recent entry

tree-Comment

右サイドメニュー

link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。