紫陽花便り

わたしの周りのいろいろ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い

最近ツイッターを始めてみました。週末に今までの思いが溢れてきたのでツイッターに書いてみたのですが、備忘としてここにも記そうと。



英語教育ってトレーニングして、インプットアウトプットだけしてれば力がついていくのだろうか。


私が海外で得た経験を考えると、自分の奥底にある、何かをだれかに伝えたい気持ち、自分とは一体どういう存在なのか、を突き詰めていくことでそれが言語に反映されていくのだ、と信じる。

それなしに、うわっつらの真似事じゃ力にはなっていかない。たどたどしくても、思いを伝えようという気持ちがあれば、それは通じるものである。気合い、覚悟が目には見えない形で言葉に力を与える。

だから私は、生徒それぞれのもつ自分の思い、考えを底からひきあげて表層にもってくるような授業をしたい。

何故かというと、英語を話すとき求められたのは、私、そのものであったから。どこからか借りてきたような表現じゃないから。

理想論であるのは承知。でも私の持つ思いを大切にしていればそれは授業ににじみでてくると思う。


スポンサーサイト

Comment

こんばんは☆ 

お久しぶりですが、いつも読んでいます♪

「思い」
今の私のココロの真ん中にある言葉だったので、あじさいさんのブログを読んでちょっとびっくりしました^^
どんな思いを与えたいのか、伝えたいのか、相手がどのように感じようとも、私自身の抱いている思いが大事だなぁと思う今日この頃。

ところで、いつもあじさいさんのブログのlinkリストを使わせていただいています~ありがとうございます!
  • posted by sunny 
  • URL 
  • 2010.06/21 21:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんにちは 

先日、サッカー日本代表の本田選手が単身オランダに渡り、現地チームで奮闘していた様子をテレビで見ました。オランダに来てから身につけたという英語。
センテンスは短いけれど、本田選手の「思い」が全身から伝わってきました。若手には奮起させるメッセージを、ベテランにはプライドを傷つけない表現を。
短期間であれだけ思いを伝えられるようになったのは、
「伝えられなければはじまらない」強い思いがあったからじゃないかなあ。チームメイトも真剣に彼の言葉に耳を傾けていました。
ちょっと、あじさいさんの言葉と結びつけてしまいました。

 

がんばっているね!私も学校現場に入りたくなったよ♪
私はへ、日本語でね、言いたいことがあったら、その時が来たら、外国語に変換できると思うよ。

まずは日本語で伝えたい思いを持っているかどうかだよね。それがすべてかもなあ・・・。

英語が大好きな先生が教えてくれているだけで、
子どもたちは幸せだと心から思うよ!^^





  • posted by ちゃこ 
  • URL 
  • 2010.06/22 11:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: こんばんは☆ 

sunny さん

こんな遅いレスになってしまいました。コメントありがとうございます!!

ちゃこさんも書いてるけど、日本語でどういう思いや意見を言えるのか、持っているのか、それが全てなんですよね。小学生に英語を導入する前にそこをもっと考えてほしいな。文科省の人たちには。

ブログリスト、使っている人結構いるんですよ!!どんどん使ってくださいね。
  • posted by あじさい 
  • URL 
  • 2010.07/08 06:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: こんにちは 

ココユキさん、コメントありがとう~!!

本田選手大活躍してましたね!今日たまたまベルギーに移籍するキーパーの選手が英語でインタビュー受けてたのを見ました。通訳付けずに英語でたどたどしくても堂々と話すってかっこいいです。

ココユキさんのブログに全然おじゃましてなくってごめんね。やっと落ち着いたからまた行くね!!
  • posted by あじさい 
  • URL 
  • 2010.07/08 06:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

ちゃこさん、コメントありがとう!

ほんとにちゃこさんの言う通りで、日本語で言えなければ決して外国語で言えるはずないんだってこと。いくらパタンプラクティスして英語を発声できたとしても、自分のコトバにはならないんだってこと。置き換えることは上達してもね。

英語は一年生は週三時間しかなくてその中でやってくのは本当に大変です。どれだけ私の色が出せるか、が勝負だなあって思ってます。

  • posted by あじさい 
  • URL 
  • 2010.07/08 06:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

それだ^^ 

私ね、ちゃこさんにも話してるんだけど、語順訳がいまひとつしっくりこなかったの。

何でかな~って
ずっと考えていたんだけど、今日あじさんのブログ読んで腑に落ちました。

言葉は思いを伝えるものだから・・・
私にとっては語順訳は面白くないわけ(笑)
だからしっくり来なかったんだな~って。

受験という壁を超えるには必要なのかもしれないんだけど、言葉は生きているものだから。。。
  • posted by グロワーズ 
  • URL 
  • 2010.07/12 07:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

あじさん、横からごめんなさい!

グロワーズさん、私もそう思っていたよ。^^

でも、英語を教えていて、毎回毎回 I am happy、って自分の胸に手をあてて言っていたり、絵本を心をこめて読んでいたりしていても、

子どもたちはIが自分のことを指していることもわかっていなかった。それでは使えるようにはならないんだよね。

ラオスにいるだんなが言っていたけれども、やっぱりテキストを語順訳して徹底的に音読して、文法もしっかり勉強して、それで、ラオス語でも話したいことが話せるようになったって。

現地に住んでいても、そうなんだと思う。まったくゼロから外国語を学ぶってことは。中学生というのはその段階にいるんだと思うんだよね。受験のためのツールだということではないと思う。

自分の思いを持つことや、それを言葉にして伝えたいと思うことと、英語という言語のしくみを知ることは、平行してできることだと私はおもうよ。

どういう順番に言葉を並べればいいかわかっているだけで、思いを言葉にする手助けになる。

というふうに語順訳もとらえればいいんじゃないかな、って思う。

特に不特定多数の子どもたちを対象にする時は、自分でしくみに気付ける子どもたちは少数だからね。

自分の思いを日本語→語順訳→英語にする練習をすればどの子どもにも役に立つんじゃないかな。と思うよ。^^


  • posted by ちゃこ 
  • URL 
  • 2010.07/12 08:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

う~ん^^ 

まだよくわからないんだけど、

カードとしてしまっておくね。
っていうか中学生来たらきっとすぐ使ってると思う(笑)

ありがと~!
  • posted by グロワーズ 
  • URL 
  • 2010.07/14 09:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: それだ^^ 

グロワーズさん、カメレスで失礼します。

グロワーズさんとちゃこさんがやり取りしてらっしゃったんですね!ありがとうございます!!楽しいです。端から見ているだけで。

語順訳については私もいろいろ考えるところがあります。まとめて書きたいなとも思ってますが、この暑さで考えがまとまるかどうか…??

明日ちゃこさんと話ができるのでまた議論を楽しみにしてるところです。
  • posted by あじさい 
  • URL 
  • 2010.07/22 10:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

profile

あじさい

Author:あじさい
音楽とビールが相変わらずスキです。どうぞ宜しく。

recent entry

tree-Comment

右サイドメニュー

link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。