紫陽花便り

わたしの周りのいろいろ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語教育って…

いろんな英語の先生のブログやtwitterを読んだりしている。

中学校の現場の先生や大学の教授、それぞれ皆さんが英語教育に一家言持って

るんだけど、私は私の源を考えてみようと思う。


さて、公立中学での英語の教育とはどういうものであるべきか。

何を目標にするのか。

まず、一番トップの高校を目指すため、高校入試を突破するため。

という考えがある。

地域にもよるのだろうけど、私立単願推薦ですんなりあっさり高校を決める

生徒が多い。だから、中三の2学期の成績まで頑張れば、推薦オッケーです、と

言われれば、入試というハードルはなくなり、受験というものを経験することなく

高校生になれる。この事実を知ったとき、随分驚いた。

そのような生徒にとっては英語(他の教科もそうだ)は授業をきちんと受け、

ある程度テストで点数をとれれば、特段勉強をしなくてもいいことになる。

公立に入ろうとなるとまた違ってくるのだが、それでもやっぱり高校入試に

照準を合わせるとなると、テスト、入試で点数を取れるような勉強が必要となる。

でも、学校で使う教科書はそれには物足りない。だからみんな塾に行くんだね。

教科書の内容と、入試の内容とかけ離れているものね。

でも、みんながみんな塾に行けるわけじゃない。

実際、私の行っている中学でも、金銭的な理由で塾をやめた生徒もいて、

教育格差が、親の年収で起こることを目の前で見ている。

だからこそ、学校でできることをしないといけないんだ、と思う!

ちょっと話が逸れた。

入試のみを英語教育の主にしても、結局先生も生徒も面白くない。

テストに出るから覚えなさい、ここ、入試で大切だよ、と言われて、

楽しい授業にはならないよね… でも、学校で評価をするという前提がある以上、

テストはしなければならず、ということは、そのテストの内容を変えていく必要が

あるんだと思う。うだうだ書いてるけど、私は何を目標にしたいんだろう。

そこがはっきりしないと、2学期の授業の計画もなにもないな… 

続きます。
スポンサーサイト

Comment

 

うんとね、入試の長文読んだり文法問題解いたりするのに、教材は教科書だけでも十分だと思う。本文以外のところか結構大事だったりする。そして、テストや入試のための勉強を教科書だけでもできるのが、英語という教科だと思う。

問題は教科書の英文の読み方、とらえ方だと思う。

それと子どもたちのもっている考える力、意識する力だなあ。

教育格差は年収でおこるんじゃなくて、
その力を育ててもらったかどうか(環境)でおきているんだと思うよ。

ここいらでは塾に行かない子どもたちが毎年上位校に入っている。私立はともかく、公立はそういうもんだと思うなあ。

力のある子は偶然教育でもいけちゃうんだけれど、
そうでない子がたくさんいるのが公立中学だから、
偶然じゃなくて、どの子もはっきりくっきりとわかる英語教育であってほしいなあ、と思います。^^

やりがいがありすぎる仕事だね♪ がんば!
  • posted by ちゃこ 
  • URL 
  • 2010.08/01 04:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

ちゃこさん 

疲れはとれた?私の経験からいくと、日にちが結構かかるよ。身体の疲れ。寝ることが一番だから、休んで~。

>教育格差は年収でおこるんじゃなくて、
>その力を育ててもらったかどうか(環境)でおきているんだと思うよ。

うん、わかるよ。
そうなんだよね。
ただ、私が出会った子で、力を育ててもらってなくて、金銭的な理由で塾もやめなきゃいけなくて、学力的にも厳しいっていうのもあるんだけど、それでも、金銭気にせず、塾に行かせてもらうことが今できるのであれば、高校を諦めずにすむのになあって思う。それはやっぱり年収格差で教育にも格差が出るってことだと思うんだ。高校に行く=善っていうんじゃないよ、それは前提として。
塾に行けるけど、行かない選択をしている子どもと、行きたくても行けない子どもっているんだよね。世の中不公平なことだらけなんだなあって。だからこそ、学校や教師が頑張らないといけないって思う。そういうイミで全員に向けての授業をしようと思う。
  • posted by あじさい 
  • URL 
  • 2010.08/02 13:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

わかる、わかる 

すごくわかるよ。
私も塾じゃなくてただの勉強を教えてくれるおばさんだったら、どれだけたくさんの子どもたちの助けになれただろうか、って思う。特に子どもの同級生たちはお金がかかるということで、本人は勉強したいのに来られなかった子たちが何人もいたよ。お金がない、というよりも、親が何にお金を使うか、ってことだと思った。みんな中学生から携帯は持っていたしね。

いろんな子がいるから、やっぱり、学校で、というのはそのとおりだと思うよ。

学校でも塾でも乗り越えられない壁はあるけれども、
ベストをつくしたいね。^^





  • posted by ちゃこ 
  • URL 
  • 2010.08/03 12:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

ちゃこさん 

随分と放置でごめんなさい<(_ _)> ペコリ

わんぱく、やるんだね~!いいね~!
竹の流しそうめん、懐かしいなあ~。

お金を親がどう使うかってこと、携帯やゲームを買い与えるのはやっぱり自分が楽だからだと思う。最近また中一の娘が携帯がほしい、と言うのだけど、どう考えても必要のないものだから、高校まで買わないよって言っている。でも買った方が楽なんだよ、親は。持たせておけばどこにいても連絡がつくっていう、言い訳みたいなものもできるし、子どもと連絡が付かないっていうある意味緊張感というか、外に出たら帰ってくるまで親が干渉できない、待つだけ、という親にとってのつらさを感じずに済むだろうし。なんか熱くなっちゃった。暑いし。

はい、ベストを尽くします。私の持てるものをこども達に渡す、それだけです。
  • posted by あじさい 
  • URL 
  • 2010.08/20 11:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

profile

あじさい

Author:あじさい
音楽とビールが相変わらずスキです。どうぞ宜しく。

recent entry

tree-Comment

右サイドメニュー

link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。