紫陽花便り

わたしの周りのいろいろ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしても

どうしてもやる気がなくだらだらしてしまうクラス。

ときどきオクトパス発言などをして盛り上がったりもするのだけど、

なかなか難しい…

今、英語の授業だけのグループ分け、リーダー決めをしようとあがき中。

あまりにも私語が多いのでアンケート実施したのね。

それに、やっぱり先生独り(或は二人)に生徒30人じゃ限界あるよね。

わかっている生徒が先生になって、助けがいる生徒の理解が少しでも上がれば!

その生徒の力がほしい。

学び合うクラスの姿が見たい。

やらないで手をこまねいているより、

失敗したとしてもやってみた方がいい、と助言ももらった。

よ~~~し!

生得的なもの、差はどうしようもないってこと、それを言い訳にしたかったけれど、

twitterで、ある大学の教授のツイートに、

生得的な差に抗っていくのが文化だ、のような内容のものがあった。

あきらめたくなるんだよね。現場で目の当たりにしてると。

でも、抗ってみよう。




Who is Matsuko Deluxe?

で、Who is~? の導入をしてみた。

生徒に短いスキットを作らせようとした。

ある寡黙な女子がレディガガを選んでるのを見たときびっくらした!

おお。レディガガ!!

おもしろいな~!

また明日もどんな展開になるかな。



レディガガといえば、これでしょう。




スポンサーサイト

Comment

●5-10 

●50分授業?
...なら5-10分だけ勝負する。他の50-55分は全て余興。5-10分を聞かせるための前振り。

○だって。

●だから「板書計画」も5-10分用だけ。

○だって。

レオンくん 

欲張りだからね…

10分勝負、ができないんだ。

それができたらすごく気持ちもラクになるね。

やっぱり計画が大切だよね。ほんとにね。

ありがとう。
  • posted by あじさい 
  • URL 
  • 2010.10/26 21:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

ちょっと元気になりました。 

こんにちは、初めてで失礼しいたします。

>生得的な差に抗っていくのが文化だ

一年くらい前は、あきらめるしかないと思ってましたが、最近は

生得的な差に抗っていくのが「現実」だ

と思うようになりました。

抗って、ひとりでも変わる人が出てくると嬉しいものです。

仕事前に拝見して、もう少し、頑張ろう! って気分になりました。

ありがとうございました。
  • posted by korita 
  • URL 
  • 2010.10/27 09:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

koritaさん 

はじめまして。コメントありがとうございます。

そうですね、あきらめない気持ちと態度を示していって、

一人でも二人でもその気持ちが伝わるといいなあと毎日思っています。

私は若くないけど新人なので、気持ちだけはだれにも負けないぞ~っと思っていますが、なかなか技術がないので四苦八苦です。またいらしてくださいね。


  • posted by あじさい 
  • URL 
  • 2010.11/01 06:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

profile

あじさい

Author:あじさい
音楽とビールが相変わらずスキです。どうぞ宜しく。

recent entry

tree-Comment

右サイドメニュー

link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。